忍者ブログ
日記
Admin*Write*Comment
[93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

だるいっすw

たまに、フラフラしますw

今日、学校のロッカーの上に立って作業してたらフラついて落ちそうになったからね^^;

下に、キャプテンがいるのに・・・・!(


あとはー、


おぼえてないや(



んじゃー

眠いけど
だるいけど
がんばって
続きは
アネゴファイブ解決編(コロの巻)



え~、

名探偵の諸君、よく来てくれた。

では、これからアネゴファイブの真相を話そう。


まず、容疑者の一人、

ブルー。

彼にはピラミッドのボスのところへ行ったというアリバイがあります。

ですが、

携帯電話などがある今、そのアリバイは無効となるんですよ。

しかし・・・・・!

金庫の防犯カメラには犯人の姿が写っていませんでした。

つまり!

それは、犯人が姿を消すことのできる2次転職のスキル「バニッシュ」が使えるということ・・・・・!!

しかし、ブルーはボス部屋に入れました。

なので、ブルーのレベルは60~80レベルということになります。

ボス部屋に入るとこはピンクが目撃しているので、

まず、間違いないでしょう。

よって、ブルーには犯行は無理ということになります。


次に、ピンク、

彼女は、自分はバニッシュは使えないとそうおっしゃってました。

しかし、それは嘘の可能性も十分にあります。


では、ここで犯人の証拠品の一つ、

ラジカセを思い出してもらいたい。

あのラジカセには犯人の声が記録されていました。

まず、犯人の第一声は、

「・・・ったく、人をさんざガー探し回らせて・・・・」

つまり、これは犯人がグリーンを探し回ったということ・・・・・!

ピンクはグリーンとトモロクをしているので、

探し回る必要はありません。

トモロクしているということが嘘かもしれませんが、

さっきグリーンの場所を知っていたのでトモロクしていることは嘘ではないでしょう。

よって、ピンクも犯人ではありません。


残るは、レッドとイエロー。

さて・・・・・犯人は決定的なミスをしてしまっています。

それは、犯人のある言葉が完璧な嘘だということです。

レッドはアレイを持っていました。

あれでは走れませんよねー。

が、犯行は走らなければ不可能です。

ところが、アレイを置けば走るコトは可能です。

ですが、私が言いたい犯人がついた嘘とはこのコトではありません。



ここで、もう一回ラジカセを思い出してもらいたい。

「・・・・も、ようやく金庫の鍵が手に入った・・・・」

聞いて分かるように犯人は鍵を探し回ってようやく手に入れたというカンジがします。

が、レッドはすでに2個鍵を持っています。

それなのにわざわざ探し回るなんて変ですよねぇ~。

そして、イエロー、

イエローは鍵をレッドに没収されてしまい、鍵を持っていません。

ですが、イエローを犯人にするには証拠が不十分です。


イエローは犯行時刻は鯖剣を露店で300Mで買ったとおっしゃっていました。

ですがね~、

最近の露店では100M以上は無理なんですよ。

つまり、イエローの言っていたアリバイは嘘となるわけです。

よって、犯人はあなた・・・・・・・!!

イエローなんですよ!!



名探偵の諸君、よくここまで付き合ってくれた。

礼を言おう。

ありがとう。

君達の力がなければこの事件は迷宮入りだっただろう。

協力に感謝する。

では、またどこかで・・・・・。

PR
COMMENT
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret
TRACKBACK
trackbackURL:
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[03/12 アニャ]
[03/10 伝(元・リョゴ)]
[02/25 ころ]
[02/25 ころ]
[02/19 ポッタ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
コロ助
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(12/26)
(12/27)
(12/30)
(12/30)
(12/31)
Copyright©コロ助の日記 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 /Template by Kaie / 忍者ブログ /[PR]